企業勤めとフリーランスでの働き方の違い

IT企業に勤めていたエンジニアが、いざフリーランスとして働き始めてみると、その働き方にギャップを感じる可能性があります。企業勤めであれば部署によって役割が違っているケースがほとんどで、新商品の開発プロジェクトが立ち上がったときでも、自分に与えられた役割だけをこなすことが多いです。しかし、フリーランスの場合は、全ての業務を自分でこなす必要があります。今まで自分が行っていた仕事だけでなく、営業部や経理部が行っていた仕事も自分でこなさなければなりません。

今までの働き方とは全く異なることから、企業勤めとフリーランスでのギャップに苦労する人が多いのです。このギャップに苦労しないようにするためには、企業勤めの間にフリーランスに必要なスキルを学んでおくことが重要となります。例えば、自分で仕事を確保するには営業力と交渉術は必須でしょう。これらのスキルを事前に習得しておくことで、フリーランスとして働き始めてから苦労するシーンが少なくなるはずです。

これまでエンジニアの仕事に集中していた人は、お金の管理で苦労する可能性もあります。基礎から学ぶには時間が必要となるため、お金を管理してくれる人を雇うか、税理士や会計士といったお金のプロに仕事を依頼するのがいい方法でしょう。苦手な業務をプロに依頼することで、自分は仕事に集中できます。さらに、企業勤めとフリーランスの間には、就業時間のギャップがあるのも忘れてはなりません。企業勤めとは違い、フリーランスは働く時間を自由に決められるため、自分の都合で働き方を変えられるメリットが得られます。